【春のための体を作る方法】をご紹介します。

品川の伍行療術院では、『整体・気功セミナー』と、自己催眠・他者催眠を習得する『催眠セミナー』を開催しています。

その品川の伍行療術院より、本日は健康情報をお届けします。

雨が続いたり、寒暖差があったり、春の訪れを感じますね。そのため、【春のための体を作る方法】をご紹介します!

下腹部下半身が冷えると、花粉症やアトピー、喘息など、アレルギー症状も起きやすくなります。風邪を含めて、体はこうした症状を通過することによって、バランスをとろうとしています。

【春のための体を作る方法】
1.腰椎4番に弾力を付けて、骨盤の開閉を滑らかにして、冷えから守るには、仰向けに寝て膝を立てます。

2.静かに足を開閉してみて、ひざが動きやすいポジションに足を置きます。

3.広げるときに息を吸い、閉じるときに息を吐く。又は閉じるときに息を吸い、開くときに吐く。その時にやりやすい方を選んでください。

ひざを閉じたり開いたりするとき、なるべく小さく、できれば数ミリほどの動きを、呼吸に合わせて、自然に動かすのが良いです。30~50呼吸くらい行います。
春の花粉症やアレルギー症状を乗り切るためにも、頑張ってみてください。

東京で2日間で手に入れることができる催眠セミナーが受けられる治療院

伍行療術院
電話:03-6417-4489
受付時間:土曜日・日曜日 10:00〜17:00
JR・東急・東京メトロ・都営地下鉄「目黒」駅より徒歩2分
〒141-0021 東京都品川区上大崎4-3-14 フラワーヒル目黒404号

PAGE TOP